アスペクト比と画面解像度

1 5月

広報担当の量子(りょうこ)です。

comic1☆7で近隣の様子を見回ってみたところ、あまり4:3の同人ゲームが無いように思いました。2013年発売の商業18禁美少女ゲームの画面解像度を調べてみたところ、ほとんどのゲームが1280×720で16:9の画面比が主流になっていることに気が付きました。

当スタジオのゲームは1024×768の4:3で作ってありますが、実は原図は16:9にも対応できるように描いてあります。と言いますのはつぐみ169のコピー5年前の2009夏コミC76にリリースした最初の泡姫Sistersは1366×768の16:9画面だったのです。これは流石に時期が早すぎて評判悪かったので、その後は1024×768の4:3にしました。その時の名残で原図は16:9対応可で描いてあったりします。灰色の部分が拡張する部分です。

問題は今から1280×720に作り直して、夏コミに間に合うかどうかですね。キャラの方は問題ありません。ただ手持ちの背景が全部4:3なのです。

あと、windows8や64bit版にも対応させないと。吉里吉里自体は対応しているのですが、当スタジオにはwindows7 32bitまでの環境しかないため動作確認できないのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。